ほくろは除去できる|自信の持てる肌に生まれ変わる

綺麗な肌の実現のために

笑顔の女の人

ほくろ除去のための方法はさまざまで、セルフケアで実行可能なものもあれば、専門家に任せる方法もあります。ただし自分で刃物などを使用して切り取ることだけは、危険なので避けましょう。この方法だとかなりの刺激になり、一度取れたとしてもまた同じところにもっと大きなほくろができる場合などもあるため、完全に逆効果です。またセルフケアの方法では、ほくろ除去クリームやもぐさを使用するという方法が比較的メジャーで簡単なために人気ですが、これらの方法に関しては効果が出るケースもあります。そうでないケースもありますし、もしもほくろでなくメラノーマなどの危険な病気だった場合を考えるとリスクもあります。それゆえに完全にほくろだと分かっていて、かつ目立たない場所ならばこのようなセルフケアに挑戦してみても良さそうです。しかしほくろかメラノーマか判断できず、目立つ場所ならばセルフケアは控えてまずは医療機関の皮膚科などを受診し、医者の判断を仰ぎましょう。またセルフケアよりも簡単に除去したい場合は、美容クリニックなどを利用すれば、より短時間かつ綺麗に除去してもらえるため、人気を集めています。

セルフケアでの除去よりも、綺麗かつ簡単に除去できる方法は、やはり美容クリニックや皮膚科での除去です。これらの専門的なところでは炭酸ガスレーザーが主流となっており、レーザー光線がメラノサイトを破壊してほくろを取り除きます。ただしこの方法は小さいほくろには有効ですが、大きなものでは適応外です。また組織検査を実施しないため、もしメラノーマだった場合は大変なことになるので、事前に医師とのカウンセリングを実行しましょう。また同じく小さなものに対して行なわれる方法に、くりぬき法というものがあります。こちらはレーザーではなく専用器具を使用してくりぬくために、縫合の必要もなく再発の心配もありません。ただし縫合しないために出血するリスクもあります。そして大きなほくろに対してよく実行される方法では、切除縫合法があります。これは手術でほくろと周辺部分を切除し、縫合するという方法です。この方法は簡単な手術ではありますが、やはり手術なので術後の痛みや傷痕の消毒、抜糸などをする必要があります。このように方法はさまざまですが、どの方法にもメリットとデメリットがありますので、あらかじめそれらを把握しておくと、どの方法にするのか選ぶ際にも便利です。

色素性母斑とは

顔を触る女性

ほくろは目立たなかったものが徐々に大きくなってくる場合があります。気になる場合は美容外科などで除去できます。治療法はレーザー照射や電気メスや高周波メスを使って除去します。他にも皮膚ごと切除して縫合したりくり抜いたりする治療法もあります。

もっと知ろう

美容の悩み解決法

看護師と医師

ほくろは美容の面から悩みの種となるだけでなく、個人では除去することができないものです。しかし、美容専門機関にかかり、炭酸レーザーによる手術を行えば、きれに取り除くこともできます。また。術後のアフターフォローも期待できるので試してみる価値もあると言えます。

もっと知ろう

安全に黒子を取り除く方法

美容整形

目立つ部位のほくろは心理的にも大きな負担となりがちです。しかし、美容整形のクリニックならば黒子を短時間で除去してもらう事が可能です。黒子の除去に精通した専門医であれば安全性だけではなく施術後の仕上がりにも配慮してくれるので、傷跡の残らない治療を受けることが出来ます。

もっと知ろう

メラニン色素に熱を

笑う女性

ほくろは、手術によっても除去できますが、昨今では跡の残りにくいレーザー治療がよくおこなわれています。ほくろはメラニン色素の塊なので、メラニン色素を焦がす力のあるレーザーを照射すれば、除去できるのです。除去後は肌が多少えぐれますが、新しい細胞が作られることで盛り上がっていき、やがては平らになります。

もっと知ろう

悩みを消して気分アップ

ドクター

ほくろは顔や体の目立つところにあるとコンプレックスになることもあります。ほくろは皮膚科や美容外科自宅で除去することもできます。除去する方法はいろいろあります。まずは病院で相談してみて、自分に合った除去方法を見つけてみましょう。

もっと知ろう