ほくろは除去できる|自信の持てる肌に生まれ変わる

悩みを消して気分アップ

ドクター

選べる施術方法

数えるたびに増えているような気がするほくろ。気にしている人の方が多いのではないでしょうか。ほくろを除去する方法はいろいろありますが、まずは皮膚科や形成外科、美容外科で受けられる除去方法を紹介します。まずいちばん行われているのが、レーザー治療です。レーザーはほくろのメラニン色素に働きかけシミを薄くして除去する方法です。皮膚に治療の痕が残らず、痛みもそれほど強くないので麻酔をしなくても大丈夫という利点があります。一方で数回レーザーを当てないと除去することができないのでしなければいけないので治療が終わるまで時間がかかってしまうのと、ほくろの根が深い場合は完全に除去出来ないこともあります。大きなものを除去する場合によく行われるのが切除縫合法です。メスで切除した後、切り口を縫い合わせる方法で、根が深いほくろもきれいに除去できます。抜糸が必要ですが、一度で終わるので早くほくろを取りたい人向きです。ただし、術後は痛みがあるのと切った傷が完全に治るまでに時間がかかります。小さいものはメスやパンチでくり抜く、くり抜き法が良く使われます。こちらもきれいに取れますが、術後の痛みと傷痕が数週間残ります。最後は電気メスを使って施術する電気凝固法です。縫合の必要がないので痕も残りません。施術時間も10分程度と短時間で終わります。ただしレーザーと同様一回の手術では切除出来ないこともあります。

料金とセルフケア

気になる費用ですが、皮膚科や形成外科で施術を受けると保険が適用になる場合がありますので、事前にしっかり確認しましょう。レーザーや電気凝固法はほくろの大きさと数で値段を決めています。病院によって料金設定は異なります。切除縫合法やくり抜き法は、こちらもほくろの大きさで異なりますが、保険が適用されれば直径5ミリ程で9,000円程度です。病院によって施術の機器や得意な施術法が異なりますので、複数の病院で相談してからどこで手術をするか決めてもいいかもしれません。初回のカウンセリングは無料という美容外科も多いので、積極的に利用しましょう。